病院案内

院長挨拶

ヤマト動物病院は1999年の開院以来、たくさんの飼い主様と動物たちに支えられてきました。
2005年には最初の病院からほど近い現在の病院へ移転いたしました。また2012年には病院の2F部分を改築し、さらに飼い主様と動物達により良い設備のもと診療を受けて頂けるように、マルチスライスCTの導入、それに連動して最新の麻酔器と機器を備えた手術室を完成させました。これにより、立地的な条件から遠方まで赴かなければならなかった手術や検査が容易に行えるようになりました。
ただ設備に頼るばかりでなく何よりも動物たちに優しい医療を常に心がけ、地域の方々に満足して頂けるように日々の診療を行って行きたいと思います。

インフォームド・コンセント

検査や治療はその内容や方針を飼い主様にご理解頂けるよう、写真や模型を使って分かりやすくご説明しています。
検査や治療に伴いかかる費用に関しても内訳や選択肢を含めてしっかりとお話をしてまいります。

EBM (Evidence Based Medicine)

日頃から獣医療の研鑽に努め、信頼できる最新データ(科学的根拠)を元にした総合的な判断で、カンや経験だけに頼らない最善の診療を提供します。

私の座右の銘であります“気は心”を忘れず、来てよかった、また来院したいと言っていただけるようにスタッフ一同、たゆまず進歩して参ります。
これからもヤマト動物病院をよろしくお願いいたします。

ヤマト動物病院 院長 大和田 兼一

ページの先頭に戻る