病院案内

医療設備

  • X線CT装置
    日立メディコ社製 マルチスライスCT ECLOS

    X線CT装置

    『マルチスライスCT ECLOS』を導入しました。短い撮影時間で鮮明なデータが得られる最新のCT装置です。腫瘍・細胞の詳細な診断、血管の異常を精査し、安全な手術計画を立てることができます。

  • 外科用X線Cアーム装置
    日立メディコ社製 SiriusFloating/C

    外科用X線Cアーム装置

    骨折やヘルニアなど外科手術を行う際、必要な場所を的確に透視するレントゲン装置です。手術の精度向上と時間短縮が期待できます。

  • 外科手術用顕微鏡
    Leica M525 F50

    外科手術用顕微鏡

    手術用顕微鏡システムを用いることで、脳神経外科や眼科など極めて微細な手術を正確に行うことができます。

  • 超音波診断装置
    日立製作所 ARIETTA 70

    超音波診断装置

    動物に負担をかけることなく心臓などの臓器や組織、血管を詳細に検査し、病変の早期発見や診断に役立てます。

  • 麻酔器・人工呼吸器
    GE社製エスパイアービュー

    最新のハイランク機種で、麻酔管理を行います。人工呼吸器も最新の機能を有しており、さらに安全な管理を行います。

  • 生体管理モニター
    フクダM-E社製 バイオスコープAM130

    麻酔時に必要な生体の情報を一元管理できる最新機種です。これにより、わずかな異常も見出すことが可能となります。

  • 人工呼吸器
    メラトン社製 コンポースβEV

    CT専用に人工呼吸器を導入しています。これにより、さらに鮮明なCTを撮影できます。

  • 内視鏡
    オリンパス社製 動物用内視鏡システム

    最低限の侵襲で消化管や気管の中を検査することができます。簡単な異物ならお腹を開けなくても取り出すことが可能です。

  • 耳鏡・膀胱鏡

    鮮明な画像で内部を確認できます。女の子の小型犬以上の大きさなら、膀胱や膣の内部を観察し、より的確な診断、治療が行えます。

  • ウォータートレッドミル
    システムマイクロバス HMS-2

    椎間板ヘルニアなどの術後のリハビリに使用する水中歩行器です。ペットにとって大切な歩く力を取り戻す、重要な設備です。

  • マイクロバブル

    優しいミクロの泡が皮脂や毛穴の奥の汚れを分解。痒み・体臭を改善します。さらに優れた温浴効果で全身リラックスできます。

  • 電気メス
    COVIDIEN社製 ForceTriad

    さまざまな手術で使用する電気メス。従来の機器よりもスムーズで確実な切開・止血を行うことが可能です。

  • 超音波手術器 ソノキュア

    組織の破砕・乳化・吸引はもとより、骨の切削など高度な手術を安全かつ低侵襲で行えます。椎間板ヘルニア等、難度の高い手術をより安全で確実に行うことができます。

  • ベッセルシーリングシステム
    Valleylab社製 Liga Sure

    手術用糸に敏感に反応してしまう犬種や症例で必須の手術器具です。手術時間も短縮されるので負担が少なくなります。

  • 細胞診用顕微鏡

    体にできたしこりが「がん」かどうかを調べる「細胞診」を行います。従来は数日かかっていた検査ですが、1時間以内に診断できます。

  • 血液検査機器

    貧血の具合や内臓系統さらにいくつかのホルモン検査も可能です。

  • 血液凝固系検査器

    重篤な病気の合併症や、血液の表には出ない重要な変化を捉えるのに大変役立ちます。重症の子では必須の検査です!

  • 血液ガス測定器

    血液に含まれる酸素等の状態を調べて、呼吸器の異常などを発見します。

  • スリットランプ

    角膜の傷や眼底の状態の精密検査を行い、目の病気を診断する装置です。

  • 心電図記録装置

    不整脈や心機能の異常などを調べます。

ページの先頭に戻る