症例集

犬の甲状腺腫瘍

元気、食欲がなく、最近痩せてきたという10才のワンちゃん。
触診で首の左右にしこりが見つかりました。
その後の検査で甲状腺という部位にできる腫瘍であることがわかり、手術をすることに。

手術に先立ち、腫瘍がどこに・どのように存在しているのかをより詳細に確認するためCT検査を行いました。この画像を見ると腫瘍の中に多くの太い血管が入っていることが確認できます。
(画像・黄色の矢印)

このようにCT検査を行うことで、手術を始める前に綿密な手術計画を立てることができ、手術の精度を高めることができます。

ページの先頭に戻る