症例集

猫の鼻のリンパ腫

嘔吐を主訴として来院された8才のネコちゃん。
お話を伺うとちょっと前から鼻が詰まったような様子があるとの事。
一緒に色々と検査を行った結果、鼻の中に腫瘍が見つかり、リンパ腫と言う病気であることが解りました。
その後、抗がん剤治療を行い、症状は消失して行きました。
ネコちゃんの鼻の中には色々な腫瘍がみられます。
実は最近になってネコちゃんの鼻の中にもこのリンパ腫と言う病気が発生する事が知られるようになりました。
なかなか治らない鼻の症状が続いたり、年をとってから鼻の病気をするようになった場合、鼻の腫瘍を含めて考えなければなりません。
気になる時はすぐ当院にご相談ください。

ページの先頭に戻る