獣医師募集

ヤマト動物病院では獣医師を募集しています。新卒、既卒は問いません。非常勤(パートタイム)も募集しています。病院見学も随時受付中です!

現在(2018年9月)、獣医師3名、動物看護師7名、トリマー2名、非常勤2名で毎日の診療業務にあたっています。スタッフは仲が良く、明るい雰囲気とチームワークが自慢!

当院について

ヤマト動物病院は1999年開院。地域に密着した動物病院としてたくさんの動物たちと飼主様に出会い、信頼と実績を重ねてまいりました。

当院は外来数多く、他院からの受け入れも行っています。マルチスライスCTや手術用顕微鏡を導入し、高度な獣医療の提供に努めています。

日々進歩する獣医療の知識・技術習得のため、各種学会・セミナーへの参加を推奨。(費用の補助制度あり)外部講師を招いての勉強会も積極的に開催しています。

当院はJR富士宮駅より徒歩5分。周辺には静岡県東部最大級のショッピングセンター『イオンモール富士宮』や富士宮市役所など主要施設が徒歩圏内にあります。
富士宮市移住&定住ポータルサイト
http://www.fujinomiya-life.com

教育体制

当院では、獣医師のキャリアごとに様々なサポートを行っております。
新卒、第二新卒の方でも、早い段階からどんどん手術を経験していただきます。
もちろん隣でサポートをしますので、ご安心ください。

新卒・第二新卒 教育スケジュール

経験 診療 手術 知識
  • 診療補助
  • 予防説明
  • トリミング前の
    健康チェック
  • 手術準備
  • 基礎疾患
  • 各種予防
  • 検査機器
3か月  
 
  • ワクチン患者診療
  • 消化器疾患
  • 手術助手
  • 縫合
  • 去勢(犬・猫)
  • 基礎疾患
  • 各種予防
  • 歯科(スケーリング)
6か月  
 
  • 健診結果説明
  • 手術助手
  • 縫合
  • 避妊(犬・猫)
  • 体表部腫瘤摘出手術
    (低難易度)
  • 頻出疾患
  • 検査機器
9か月  
 
  • 慢性疾患
  • 皮膚科
  • 手術助手
  • 胃切開
  • 膀胱切開
  • 内科
  • 皮膚科
1年  

当院で行われた手術例

  • 犬の甲状腺腫瘍

    触診で首の左右にしこりが見つかりました。
    手術に先立ち、腫瘍がどこに・どのように存在しているのかをより詳細に確認するためCT検査を行いました。

  • 腫瘍の転移による骨折

    検査を進めていくと、おなかの中の副腎という部位に腫瘍が見つかりました。CT検査を行ったところ、腰椎(背骨)にも腫瘍が転移しており、その部分がもろくなって骨折していることがわかりました。

  • 椎間板ヘルニア

    実は椎間板ヘルニアのうち、普通に撮るレントゲン検査でヘルニアの起きた場所を特定できるケースはほとんどありません。 そこで当院では、CT検査によって椎間板ヘルニアの場所や程度を正確に把握してから手術を行います。

  • 猫の鼻のリンパ腫

    お話を伺うとちょっと前から鼻が詰まったような様子があるとの事。検査を行った結果、鼻の中に腫瘍が見つかり、リンパ腫と言う病気であることが解りました。その後、抗がん剤治療を行い、症状は消失して行きました。

  • 犬の帝王切開

    もともと心臓が悪い子で、交配するつもりはありませんでしたが、赤ちゃんができました。心臓の弱いお母さんにとって全身麻酔での手術は大変なリスクを負います。そして15分程の手術が終わり、元気な2頭の女の子を授かることができました。

  • 犬の骨折

    階段から落ちてしまい、ちゃんと歩けなくなってしまったワンちゃん。早速、手術することになり、折れてしまった個所をしっかり固定。安静にするためそのまま入院となりました。手術から一週間、経過も良好で元気に退院していきました。

各分野の専門家による勉強会

当院内にあるセミナールームへ、各分野の専門家をお呼びした勉強会を定期的に開催しております。最新の獣医療の知識を得られるだけでなく、日々の疑問点を直接講師に聞くことができる環境が整っています。

また獣医師の石田卓夫先生とも交流があり、勉強会へお越しいただくこともあります。
各分野の一流の方と触れ合うことで、獣医師としてのスキルアップだけでなく、自分の目指す理想の獣医師像を見つけることができます。

腫瘍科院長が日本獣医がん学会の認定医ですので、院内において腫瘍の勉強会を定期的に開催しており、高度な腫瘍症例の知識を学ぶことができます。
循環器科近く循環器の認定医を取得予定の獣医がいますので、循環器に関しても深い知識と経験を学ぶことが可能です。
皮膚科皮膚疾患に関しては、当院では皮膚科の認定医である神田先生をお招きして、皮膚科専門外来を実施しています。皮膚疾患に関しても深く学ぶことができます。
眼科眼科に関しては、パル動物病院の小野啓先生をお招きして、月に1回の講義をしていただき、最新の眼科症例を共有いただいています。
外科年に2~3回のペースで外科の勉強会を開催しています。
画像診断2か月に1回のペースで画像診断の勉強会を開催しています。

インタビュー

院長インタビュー

先輩インタビュー

1日の流れ(獣医師)

  1. 8:40出勤

    • 掃除、備品の補充、整理、診察準備
    • 入院動物のお世話、処置、検査、入院室清掃
    • ミーティング
  2. 9:00~13:00午前診療

    外来診察(午前)

    • 問診、獣医師の診察介助(検査、処置、点滴など)
    • 日常ケア、予防注射、調剤、手術前準備
  3. 13:00~14:00休憩

    休憩

  4. 14:00~16:00手術

    • 犬・猫手術(去勢、避妊手術、歯石除去、子宮蓄膿症)
    • 外回り介助、麻酔管理、手術後後片付け
  5. 16:00~19:30午後診療

    外来診察(午後)

    • 問診、検査、処置、点滴、日常ケア、手術後処置
    • 会計業務
  6. 19:30午後診療受付終了

    • カルテ整理、記載
    • 清掃、閉院作業
  7. 20:00退勤

    翌日のシフトが休みの場合、引継ぎなどを行って退勤です。
    今日も1日お疲れさまでした。

募集要項

ページの先頭に戻る